無添加育毛剤として扱われるマイナチュレについて

マイナチュレは女性の薄毛に対して高い効果をもたらしますが、 無添加に拘っているので副作用に追われることなく使用できます。

その上、マイナチュレは髪や頭皮に塗ってもあまり刺激を与えないので、女性の髪や頭皮に優しい育毛剤になります。

ただし、マイナチュレを塗りすぎると頭皮に与える刺激が強くなるので、頭皮の発疹や発赤といった副作用が起こる可能性があります。

けれども、マイナチュレを一度に塗りすぎないようにすれば副作用が起きないので、使用量を守れば副作用の心配がありません。

育毛剤に含まれてて副作用をもたらす主な成分は、頭皮の血行を良くして育毛を促進させるミノキシジルと、抜け毛を抑える効果を持つプロペシアになります。

しかし、マイナチュレにはミノキシジルとプロペシアが全く含まれていませんので、他の育毛剤より副作用に悩まされません。

ミノキシジルは育毛を促進させる成分になりますが、頭皮以外に体全体に作用することがあります。

そのため、全身に関わるので多毛症の副作用を引き起こしたり、生殖機能の低下や肌荒れといった副作用に追われる可能性があります。

そして、プロペシアも頭皮だけでなく他の体の部位に作用するので、うつの症状が起きたり肝機能が低下する副作用が起こったりします。

ミノキシジルとプロペシアは、主に男性型脱毛症であるAGA対策の男性用育毛剤に配合されています。

マイナチュレは他の育毛剤と異なり、髪や頭皮に刺激を与えやすい香料や着色料といった添加物を全く含んでいません。

なので、マイナチュレは無添加育毛剤として扱われています。

マイナチュレの口コミ情報満載のサイトはここ!